転職先のえらび方

(就活・転職)営業職を目指す君へ。面接突破のための法則

どうも〜!ぱるこあら(@parukoaraaaa)です(°▽°)

昨年まで人材会社の営業職を面接で採用していました。

営業って常に求人が出ているので、

仕事を探すときに必ずと言っていいほど目にするんですよね。

 

 

でも、営業ってどんな人が採用されるの?

明るくないといけないんじゃない?

 

いいえ、そんなことはないんですよ。口下手でも採用になった人はいっぱいいます。

そんな営業に特化した面接の裏側とチェックポイントを暴露しちゃいます。

人事は面接でここを見ている

金になる人柄か

この字面見てちょっとやばいなと思いましたが、これが真実。

明るいキャラ

正直者キャラ

田舎っぽいキャラ

番人受けするタイプだけではなく、「この子は年配受けがいいな。この子は異性に好かれるな」など、面接にきた人が自社の顧客のどの層にウケが良いかを考え、マッチする層があれば採用です。

※私がいた人材業界は、人事総務のおじさま方相手の営業と、主に女性スタッフさんのフォローがメイン業務。

採用する人はおとなしい男の子からギャル、おしゃべりなおばちゃんと、かなり幅がありました。

 

私はスラスラとスマートに喋るタイプではありません。

面接でもかんでしまい、「緊張してますね〜w」と面接官に笑われ、

ああ絶対落ちた(;ω;)と思っていたところ、合格の通知が。

 

営業のお客さんはモノを売りつけられると思っている人がほとんどなので、慣れていない素人っぽい感じが年配層には受けが良かったようです。

逆にキャリアウーマンばかりが顧客の会社だと受からなかったと思います。。。笑

 

清潔感があるか

面接に出向くんですもの、清潔にするなんて当たり前でしょ!と思われるかもしれませんが、以下のチェックポイントをご確認ください。

 

・髪の毛は伸びすぎていないか?

・アホ毛が立っていないか?

・フケがついていないか?

・ニキビや肌荒れがひどくないか?

・唇は乾燥していないか?血が出ていないか?

・まゆげはボーボーじゃないか?

・カバンは自立するか?

・ネクタイがゆがんでいないか?

・シャツやネクタイに食べ物のシミがついてないか?

・爪は切っているか?

 

(女性の方へ)

・メイクはしているか?すっぴんじゃないか?

・口紅ははみ出てないか?

・ストッキングは伝線していないか?

・前髪が顔にかかっていないか?

・座るときに膝が開いていないか?

 

ここまで全て揃って「清潔にしている」と言って良いでしょう。

面接前のこのような準備は、取引先での打ち合わせと同じです。

 

きちんと手入れをしていることは相手にも伝わります。

「面接前にきちんと準備してきました!」と相手にアピールすできるポイントでもあります。

今一度、自分の身なりを見返してみてくださいね。

長く続けてくれそうか

営業は教えるのにつきっきり&マニュアルではどうしても対応が難しい「場の空気を読む」ことが仕事。

そして離職率も低くはないため、どうしても面接時には「長く勤めてくれそうな根拠」を探してしまいます。

・地元に戻ってきた

・実家が近い

このキーワードが言える人はラッキーです。笑

 

逆に

・実家が県外(親に何か合ったら帰っちゃうの?)

・結婚適齢期(主に20代〜30代女性)

これがあると、どんなに良い人材でも採用に躊躇してしまいます。

 

なので

実家が県外→兄弟が親元にいるので何か合っても大丈夫です!

結婚適齢期→結婚しても長く働きたいです!

(恋人がいる場合)パートナーも共働きを希望しています。転勤もありません。

 

こんな一言を面接時に添えると良いですね。

特に女性に対しては、面接官がさりげな〜く、寿、おめでたの可能性をチェックしてきます。うまく交わして好印象に繋げてください(`_´)ゞ

未経験者のアピールポイント

やる気系

・新しいことに挑戦したい!

・営業に憧れていた!ガンガン受注をとって売り上げを上げたい!

・人と競うことが好き。営業成績を伸ばしたい!

 

→人と競うこと=成長志向、ではないのですが、面接官に好まれやすいキーワードであることも事実。ノルマ制なら特に採用したい。

 

体力ある系

・学生時代運動部だった

・前職が立ち仕事やガテン系、サービス業

・ランニングやサッカーが趣味

 

→残業できそう。外回りで体調崩さなそう。メンタル強そう。

趣味にスポーツの名前を入れておくと、上下関係しっかりしてそう、チームワークよく動いてくれそう、などプラスのイメージしか湧きません。

一見おだやかそう、優しそうなイメージをもたれる人ほど、スポーツ系の文言は履歴書に盛り込んでおきましょう。

最近はやっていませんがTVで見るのは今も好きです、ぐらいでもOKです٩( ‘ω’ )و

 

前職とは違う系

・前の職場は頑張りを評価してくれなかったから辞めた。御社は違う。

・目に見えるモチベーションがなかった。御社は違う。

・周りの人がやる気がなかった。御社は違う。

 

前の仕事のここが合わずに辞めてしまったが、御社は違う。

頑張ります!とアピールしよう。

 

面接時に必ずと言っていいほど聞かれる「前職を辞めた理由」。

あ〜そりゃしょうがないね!と思ってもらえるような理由であれば、早期退職でもマイナスにはなりません。

ここの伝え方は、面接のプロである転職エージェントを利用してコツを伝授してもらうといいですね。

 

※最初の1社にするなら、求人数ナンバーワンなリクナビネクストがおすすめです。

 

タイミングって大事

どれだけ面接官が「この人が良い!採用したい!」と思っても、どうしても採用できない場面もあったりします。

 

・新卒が入社して手がいっぱいで教えられない(4〜5月)

・業務が立て込んでいて教えてあげられない

・未経験OKだったのに超できる経験者が応募して来た

 

こんなこともあります。就職は結婚と一緒、と言われるように、「もう少し早く来てくれたらあなたにしたのに・・・!」的な場面も多いのです。

お祈りメールに心を痛めず、数をこなして次に行きましょう。

 

この記事を見てくれているあなたの努力は、必ず報われます。

ファイト一発!画面のこちら側から応援しています\\\\٩( ‘ω’ )و ////